お位牌の事。

 みなさまこんにちは。

本日はお位牌について少しお話させていただきます。

 

お位牌といっても実は様々な種類、サイズがございます。

昔からある扉がついてて中に板が何枚も入っているもの、上記の様に板状になっているもの。

かまぼこみたいな形やすっきりとしたモダンな感じのもの。

黒塗り、溜色、紫檀、黒檀、けやき、、、多分どれがどうなのか迷ってしまうくらいの種類です。

そこで、今回はご本尊に次いで重要なお位牌の選び方を簡単にご説明します。

 

【大きさ選び】

年上を飛び越えず。がひとつの目安です。

ご両親のお位牌が高さ20cmならば、その子供は同じかそれより小さくするという感じです。

そして一番大きいのが先祖位牌です。※上記画像右側の「先祖代々之霊位」。

先祖位牌とは五十回忌を過ぎた仏様「先祖」の位牌で該当すれば1本作成します。(仏壇店で購入、文字彫)

そして菩提寺にて魂入れを行います。

まとめると、もし初めてのお位牌購入であれば、ある程度大きめのを購入されると良いでしょう。

最初から小さいと、その後下の世代の時にそれより小さいお位牌が無い、という事になってしまう可能性が

ございます。

 

【デザイン】

基本的にこの種類でなければいけない、という事はありません。

今では、いろいろな色や蒔絵が入ったもの、モダンなもの多種多様です。

亡き人を思いながら、お好みで選ばれると良いかと思います。

また、菩提寺にご相談してみるのも良いでしょう。

 

当店の位牌彫の納期は承ってから1週間以内にお渡し可能です。

お位牌本体購入とセット割引もございます。もちろん位牌持ち込みで

彫り書き工賃のみも可能です。

 

ご入用の際はご検討いただければと思います。

 

コメント