御簾(仏壇の上に垂らす すだれ)のご紹介

 みなさまこんにちは。

すっかり冬の気配が近づいてきて 暖房が手放せなくたってきた感じです。

 

 今日は仏壇の上に吊るす、すだれ(簾)のご紹介です。

 お仏壇を祀ったけれど、上の空間の空きが気になる、、、というお声は少なくありません。

そんな時は、このような簾(御簾 みす)がございます。

 

空いた空間を埋めると同時に、しつらえ的にもさらに格式の高いお仏間となります。

上記:S様邸 栗の木の上質仏壇と調和した御簾

 

上記:けやき仏壇と御簾

 

上記:床の間の一角も御簾を吊るすことで

   仏壇スペースとしてはっきりと区分けすることが出来ます。

 

写真(上):萌黄房

写真(下):茶房

 

房の色は、2色からお選びいただけます。

上が新品時、下が経年経過した状態です。

天然の竹ヒゴで作られているので年月と共に色合いが変化し風合いが増していきます。

 

完全受注生産となっており、ご注文から約3週間程度での仕上がりとなります。(状況により多少前後いたします)

ご注文の際は、ご希望の「幅」「垂れ」サイズをご指定ください。

また専門スタッフにて出張採寸も行っております。ちょうど良いサイズ、仕様を

お客様宅にてご提案させていただきます。

 

お気軽にご用命ください。

 

コメント